富山スガキは、「とやまの薬」で知られる富山県を拠点に、140年続く医薬品パッケージをメインとした総合印刷メーカー。高い技術と品質で信頼される製品づくりを続けています。そんな富山スガキが、培ってきた技術力・企画力・デザイン力で、「人を笑顔に」のきもちをコンセプトに立ち上げた紙プロダクトが「cusuri」です。思わず“クスリ”と笑顔がうまれるさまざまな紙製品を、薬都富山から発信します。

第一弾は「四角い紙ふうせん」。まごころがこもった一つ一つ手仕事で作られる紙ふうせん。この技を、こころを、未来に残すために、デザインの力で再生。「kamifu-sen」として商品化しました。